京都府亀岡市の建築設計事務所m's craft

concept

年月を重ねて調和する家

近年の日本の住宅は、その大半が、[快適=汚れにくく手入れが簡単]という図式のもとに、
プラスチックや樹脂、人工的素材を多用し、景観や日本の気候風土に合わせるという
意識を忘れている。

確かに「メンテナンスの必要が軽減され住み易い」かも知れないが、
例えば成長する庭や風合いを増す自然素材などが年月を経て「一軒の家」として一つにまとまり
調和して行く中で、そういった素材を使用した部分だけが取り残され他と調和しない。


自然素材の特性を生かして家づくりをすると、メンテナンスや工夫が必要で手がかかる。

しかし、本物の素材の持つ質感は、日々の暮らしの中で精神的な安らぎ・充足感をもたらし、
「手間」という、人間として生かされている者に与えられた義務を全うする事を
「愉しむ」機会を奪わず、やがて大人へと成長する子供たちが学ぶ「何か」をもつ家にしてくれる。

いつまでも古くならない、あるいは古くなって他と調和しない「便利な」工業製品の使用を減らし、
例えば木製窓・ドアなど、経年変化して調和する、
あるいは修理・交換して使い続けたいと思わせる部材を採用する事で、
住まう人間とともに年月を重ねられる家に住む暮らし方を、思い出そう。